知らぬが仏

【ことわざ・慣用句】知らぬが仏(しらぬがほとけ)の意味・例文

意味 知ってしまうと心を乱されることでも、知らなければ穏やかな心でいることができるということ。
例文 姉夫婦が離婚してしまったが、離れて暮らす母は 知らぬが仏 で、そのことをまだ知らない。
類義語 聞かぬが仏、知らぬが花、聞くは気の毒 見るは目の毒、世間知らずの高枕
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

知らぬが仏:わかりやすい使い方

知らぬが仏:意味1
ケロゆうは勉強熱心ケロね。
しらぬがほとけ:例文1
職員室に行ったときに偶然、明日国語の小テストがあることを知ってしまったケロ。今日は遊ぶつもりだったのにケロ~。
知らぬが仏:意味2
知らぬが仏 だったケロね?
しらぬがほとけ:例文2
知らぬが仏:意味3
でも知ってしまったからには予習しないとダメケロよ♪

知らぬが仏】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 聞かぬが仏、知らぬが花、聞くは気の毒 見るは目の毒、世間知らずの高枕
意味 ⇒ 知ってしまうと心を乱されることでも、知らなければ穏やかな心でいることができるということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ