釈迦に説法

【ことわざ・慣用句】釈迦に説法(しゃかにせっぽう)の意味・例文

意味 自分よりも遥かに詳しく知っている人とは知らずに、その人の知っていることを教えようとすること。
例文 新人社員だと思って色々と教えていたらなんと彼は社長だった。 釈迦に説法 をしてしまい恥ずかしい。
類義語 釈迦に経、孔子に論語、猿に木登り
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

釈迦に説法:わかりやすい使い方

しゃかにせっぽう:例文1
今日は学校の水泳大会だったケロ。
釈迦に説法:意味2
どうだったケロ?
しゃかにせっぽう:例文2
同じチームに1年生がいたから、スタートのコツを教えてあげたケロ。でもその子、水泳部のエースでめちゃくちゃ速かったケロ。
釈迦に説法:意味3
釈迦に説法 だったケロね。

釈迦に説法】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 釈迦に経、孔子に論語、猿に木登り
意味 ⇒ 自分よりも遥かに詳しく知っている人とは知らずに、その人の知っていることを教えようとすること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ