舌を巻く

【ことわざ・慣用句】舌を巻く(したをまく)の意味・例文

意味 非常に驚いたり感心して言葉が出ない様子。
例文 彼とは初めてカラオケに行ったが、彼の歌がとても上手で、思わず僕は 舌を巻いた
類義語 感心する、息をのむ、脱帽する、度肝を抜く、目を丸くする、言葉を呑む、思わずうなる
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

舌を巻く とは:わかりやすい使い方の例

したをまく:例文1
今日はOBの先輩がサッカー部に遊びに来てくれたケロ。上手すぎるプレーに思わず舌を巻いたケロ。
舌を巻くとは:意味2
舌を巻く ほどのプレーか。パパも見たかったケロ。
したをまく:例文2
先輩は現役時代から凄かったケロ!僕もあんな風になりたいケロ。
舌を巻く:意味3
練習あるのみケロね!

舌を巻く】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 感心する、息をのむ、脱帽する、度肝を抜く、目を丸くする、言葉を呑む、思わずうなる
意味 ⇒ 非常に驚いたり感心して言葉が出ない様子。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ