過保護

【ことわざ・慣用句】過保護(かほご)の意味・例文

意味 子供などに必要以上に干渉し、保護を与えること。
例文 子供が大事なのはわかるが、あまり 過保護 に育てると自立心のない子になってしまうよ。
類義語 過剰保護、オーバーケア、猫かわいがり、溺愛、箱入り娘、親ばか、お嬢様、蝶よ花よ
反対語 野放し、放任主義(ただし過保護で放任の場合もある)、不干渉、束縛しない
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて学習効率がいいですよ。

過保護:わかりやすい使い方

かほご:例文1
隣のクラスの○○ちゃんは親が 過保護 なことに悩んでいたケロ。
過保護とは:意味2
でも自分の子供は可愛いからついついお世話をしすぎてしまうのも分かるケロ。
かほご:例文2
僕も自分の子供は甘やかしそうケロ。
過保護とは:意味3
子育ては難しいケロね。

過保護】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


過保護の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 過剰保護、オーバーケア、猫かわいがり、溺愛、箱入り娘、親ばか、お嬢様、蝶よ花よ
意味 ⇒ 子供などに必要以上に干渉し、保護を与えること。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 野放し、放任主義(ただし過保護で放任の場合もある)、不干渉、束縛しない

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ