いずれ菖蒲か杜若

【ことわざ・慣用句】いずれ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)の意味・例文

意味 どちらも優れていて優劣がつけにくいという意味。
例文 最近のエアコンはどれも性能が良くて、 いずれ菖蒲か杜若 で買うのに迷ってしまう。
類義語 百花繚乱、実力が伯仲する、竜虎相搏つ、優劣つけがたい、粒揃い、、紙一重 、互角
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


いずれ菖蒲か杜若:わかりやすい使い方

いずれ菖蒲か杜若:意味1
新しいパソコンを買おうと思ったけど、どれも性能が良くて迷うケロ。
いずれあやめかかきつばた:例文1
いずれたこ焼きか唐揚げケロね。
いずれ菖蒲か杜若:意味2
それを言うなら いずれ菖蒲か杜若 ケロ。
いずれあやめかかきつばた:例文2
僕にとったら甲乙つけがたいのはたこ焼きと唐揚げケロ~。
いずれ菖蒲か杜若:意味3
ケロゆうは 花より団子 ケロね。

いずれ菖蒲か杜若】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 百花繚乱、実力が伯仲する、竜虎相搏つ、優劣つけがたい、粒揃い、、紙一重 、互角
意味 ⇒ どちらも優れていて優劣がつけにくいという意味。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ