雀百まで踊り忘れず

【ことわざ・慣用句】雀百まで踊り忘れず(すずめひゃくまでおどりわすれず)の意味・例文

意味 幼いころに身についた習慣は、歳を取っても直らない。
例文 漁師の家で育ったおじいちゃんは雀百まで踊り忘れず で、今でも釣りが好きだ。
類義語 三つ子の魂百まで、もって生まれた、生まれつき、体にしみ込む、昔取った杵柄(きねづか)
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

雀百まで踊り忘れず:わかりやすい使い方

雀百まで踊り忘れず:意味1
ケロゆうは毎日ゲームをしているケロね。
すずめひゃくまでおどりわすれず:例文1
ゲームはおもしろいから毎日しちゃうケロ。もはや日課ケロ。
雀百まで踊り忘れず:意味2
雀百まで踊り忘れず と言うし、ケロゆうは一生ゲームを続けるかもしれないケロ。
すずめひゃくまでおどりわすれず:例文2
そうケロね。おじいちゃんになってもボクはゲームプレイヤーケロ♪
雀百まで踊り忘れず:意味3
ゲームばかりは心配だけど、ゲームのうまいおじいちゃんはちょっと見てみたいケロ。

雀百まで踊り忘れず】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 三つ子の魂百まで、もって生まれた、生まれつき、体にしみ込む、昔取った杵柄(きねづか)
意味 ⇒ 幼いころに身についた習慣は、歳を取っても直らない。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ