蛇の生殺し

【ことわざ・慣用句】蛇の生殺し(へびのなまごろし)の意味・例文

意味 生かしも殺しもせずほおっておくこと。また、決着をつけずに中途半端にしておくこと。
例文 告白してから全く返事がもらえないなんて…これでは 蛇の生殺し 状態だ!
類義語 ヘビの生殺し状態、飼い殺し、生殺し、生かさず殺さず、飼い殺しにする、生煮え、宙ぶらりん
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

蛇の生殺し:わかりやすい使い方

へびのなまごろし:例文1
うーん、あの子は僕に気があるのだと思っていたんだけど、最近はなんだかそっけないケロ~
蛇の生殺し:意味2
恋の悩みケロか?
へびのなまごろし:例文2
もやもやするケロ~。
蛇の生殺し:意味3
蛇の生殺し 状態ケロね。青春ケロ♪
へびのなまごろし:例文3
パパ面白がってるケロ~。本人は辛いケロよ!

蛇の生殺し】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ ヘビの生殺し状態、飼い殺し、生殺し、生かさず殺さず、飼い殺しにする、生煮え、宙ぶらりん
意味 ⇒ 生かしも殺しもせずほおっておくこと。また、決着をつけずに中途半端にしておくこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ