人のふんどしで相撲を取る

【ことわざ・慣用句】人のふんどしで相撲を取る(ひとのふんどしですもうをとる)の意味・例文

意味 自分が得をする為に他人のものを利用したり、便乗したりすること。
例文 人のふんどしで相撲を取る なんて、ずるい人のすることだ。
類義語 他人のふんどしで相撲を取る、他人任せ、ちゃっかり利用する、都合よく使う、 虎の威を借る狐
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


人のふんどしで相撲を取る:わかりやすい使い方

ひとのふんどしですもうをとる:例文1
先輩と買い出しに行ったらお菓子を奢ってもらったケロ
人のふんどしで相撲を取る:意味2
前もその先輩と買い出しに行ってなかったケロか?
ひとのふんどしですもうをとる:例文2
毎回先輩についていくと『悪いから』ってなにかしら奢ってくれるケロ♪
人のふんどしで相撲を取る:意味3
人のふんどしで相撲を取る のは良くないケロよ~!

人のふんどしで相撲を取る】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 他人のふんどしで相撲を取る、他人任せ、ちゃっかり利用する、都合よく使う、 虎の威を借る狐
意味 ⇒ 自分が得をする為に他人のものを利用したり、便乗したりすること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ