天を衝く

【ことわざ・慣用句】天を衝く(てんをつく)の意味・例文

意味 非常に高いこと。勢いの盛んなことのたとえ。
例文 まるで 天を衝く ような勢いでそのチームは成績を上げていった。
類義語 怒髪天を衝く、高くそびえ立つ、頂点に達する、勢いがある、旭日昇天
反対語 青菜に塩、活気がない、意気消沈
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて学習効率がいいですよ。

天を衝く:わかりやすい使い方

てんをつく:例文1
今日の野球の練習試合はこのあたりで一番強いチームとの対戦ケロ。
天を衝くとは:意味2
それは楽しみケロね!
てんをつく:例文2
結成歴は浅いけど 天を衝く ような勢いで強豪校になったチームケロ。
天を衝くとは:意味3
きっとすごく努力したケロね。きっと今日の対戦も勉強になるケロよ

天を衝く】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


天を衝くの類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 怒髪天を衝く、高くそびえ立つ、頂点に達する、勢いがある、旭日昇天
意味 ⇒ 非常に高いこと。勢いの盛んなことのたとえ。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 青菜に塩、活気がない、意気消沈

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ