一目散

【ことわざ・慣用句】一目散(いちもくさん)の意味・例文

意味 よそ目をすることなく一生懸命に走ること。
例文 鬼ごっこをしていて鬼に見つかったので 一目散 に逃げだした。
類義語 蜘蛛の子を散らす、まっしぐら、わき目も振らず逃げる、一心不乱に逃げる
反対語 動かざること山のごとし、泰然自若、冷静沈着
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて学習効率がいいですよ。

一目散:わかりやすい使い方

いちもくさん:例文1
鬼ごっこで鬼が来たから 一目散 に逃げたら、小石につまずいて転んで痛かったケロ。
一目散とは:意味2
大丈夫ケロ?消毒あるケロよ。
いちもくさん:例文2
消毒も痛いからしたくないケロ~!嫌ケロ~!
一目散とは:意味3
ああ、また 一目散 にどこかへ行ってしまったケロ…。元気ケロね。

一目散】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


一目散の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 蜘蛛の子を散らす、まっしぐら、わき目も振らず逃げる、一心不乱に逃げる
意味 ⇒ よそ目をすることなく一生懸命に走ること。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 動かざること山のごとし、泰然自若、冷静沈着

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ