目を光らせる

【ことわざ・慣用句】目を光らせる(めをひからせる)の意味・例文

意味 しっかりと監視や見張りをする。
例文 不審者がいないか、警備員が 目を光らせて いた。
類義語 警戒する、用心する、監視する、チェックする、目を離さない、見張る、マークする、注視する
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

目を光らせる:わかりやすい使い方

目を光らせる:意味1
ケロゆう、宿題が出たのにしなくていいケロ?
めをひからせる:例文1
しまったケロ。ついゲームをしてしまったケロ!
目を光らせる:意味2
ケロゆうはいつもこうケロ。こうなったら宿題が終わるまでパパが 目を光らせて おくケロ。
めをひからせる:例文2
うう。。。でもある意味集中できるかもしれないケロ。。。

目を光らせる】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 警戒する、用心する、監視する、チェックする、目を離さない、見張る、マークする、注視する
意味 ⇒ しっかりと監視や見張りをする。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ