目を皿にする

【ことわざ・慣用句】目を皿にする(めをさらにする)の意味・例文

意味 目を大きく見開く。驚いたり、物を探したりするときの目つきをいう。
例文 突然の出来事に彼は 目を皿にして 驚いていた。
類義語 目を皿のようにする、目を凝らす目を丸くする、神経を集中させる、凝視する、注視する
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

目を皿にする とは:わかりやすい使い方の例

めをさらにする:例文1
この間違い探し、全然わからないケロ!
目を皿にするとは:意味2
目を皿にして 探せばわかるケロ。ちょっとだけ違うケロよ。
めをさらにする:例文2
あっ、本当だケロ!少しだけここの長さが違うケロ!
目を皿にする:意味3
やっとわかったケロか。でも間違いはあと4つあるケロよ。
めをさらにする:例文3
まだそんなにあるケロ?難しすぎるケロ〜!

目を皿にする】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 目を皿のようにする、目を凝らす目を丸くする、神経を集中させる、凝視する、注視する
意味 ⇒ 目を大きく見開く。驚いたり、物を探したりするときの目つきをいう。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ