竜虎相搏つ

【ことわざ・慣用句】竜虎相搏つ(りゅうこあいうつ)の意味・例文

意味 強い者同士が激しく戦うこと。
例文 その試合は強豪校同士の 竜子相搏つ 戦いで、観ている側も手に汗を握る試合だった。
類義語 竜虎相打つ、接戦、互角の戦い、息が詰まる、激闘、手に汗握る、実力が伯仲する
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


竜虎相搏つ:わかりやすい使い方

りゅうこあいうつ:例文1
さすが生で見るプロ野球の試合は迫力が違うケロ!どっちも最強チームで最後までどっちが勝つか分からなかったケロ~。
竜虎相搏つ:意味2
まさに 竜虎相搏つ 戦いだったケロね!パパも見たかったケロ~。
りゅうこあいうつ:例文2
僕もあんな風になりたいケロ!
竜虎相搏つ:意味3
練習あるのみケロね!

竜虎相搏つ】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 竜虎相打つ、接戦、互角の戦い、息が詰まる、激闘、手に汗握る、実力が伯仲する
意味 ⇒ 強い者同士が激しく戦うこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ