バチが当たる

【ことわざ・慣用句】バチが当たる(ばちがあたる)の意味・例文

意味 悪い行いをしたことに対して天罰が下ること。
例文 「食べ物を粗末にしたら バチが当たる 」と私は幼い頃から母に言われ続けて来た。
類義語 天罰が下る、罰が当たる、ツケが回る、自分の蒔いた種、報いを受ける、身から出たさび
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

バチが当たる:わかりやすい使い方

ばちがあたる:例文1
お腹が痛いケロ~。
バチが当たる:意味2
大丈夫ケロ?何か変なものでも食べたケロか?
ばちがあたる:例文2
お腹が空いていたからつい拾い食いをしてしまったケロ…いてててて
バチが当たる:意味3
そんなことするから バチが当たった ケロ! 自業自得 ケロ~!

バチが当たる】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 天罰が下る、罰が当たる、ツケが回る、自分の蒔いた種、報いを受ける、身から出たさび
意味 ⇒ 悪い行いをしたことに対して天罰が下ること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ