柳の下のどじょう

【ことわざ・慣用句】柳の下のどじょう(やなぎのしたのどじょう)の意味・例文

意味 一度成功してまた次上手くいくと思っても、いつも上手くいくとは限らないということ。
例文 柳の下のどじょう というように、そう何度も彼が同じ手に引っかかるとは思えない。
類義語 柳の下の二匹目のどじょうを狙う、二匹目のどじょう、味を占める、過去の栄光にとらわれる
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

柳の下のどじょう とは:わかりやすい使い方の例

柳の下のどじょうとは:意味1
ケロゆう、どうして下を向いて歩いているケロ?
やなぎのしたのどじょう:例文1
この間、千円札を拾ったケロ。警察に届けたらほめられてうれしかったケロ。だから下を向いて歩いていたら、また拾うかもしれないケロ♪
柳の下のどじょうとは:意味2
柳の下のどじょう ケロ。そんな何度も拾うわけ…。
やなぎのしたのどじょう:例文2
あ!500円玉ケロ♪
柳の下のどじょう:意味3
ウソー!?ケロ。

柳の下のどじょう】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 柳の下の二匹目のどじょうを狙う、二匹目のどじょう、味を占める、過去の栄光にとらわれる
意味 ⇒ 一度成功してまた次上手くいくと思っても、いつも上手くいくとは限らないということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ