矢継ぎ早

【ことわざ・慣用句】矢継ぎ早(やつぎばや)の意味・例文

意味 連続して素早く動作を行うこと。
例文 彼が私に 矢継ぎ早 に質問をしてくるので、私は疲れてしまった。
類義語 次から次へと、途切れることなく、続けざま、後から後から、とめどない、のべつ幕なし、継続的に
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

矢継ぎ早 とは:わかりやすい使い方の例

やつぎばや:例文1
パパ、ここはどうやったらいいケロ?
矢継ぎ早とは:意味2
ここは、こっちの公式を当てはめて…。
やつぎばや:例文2
これは?こうで合ってるケロ?こっちは?
矢継ぎ早:意味3
そんな 矢継ぎ早 に聞かれても困るケロ!一つずつやっていくケロ。

矢継ぎ早】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 次から次へと、途切れることなく、続けざま、後から後から、とめどない、のべつ幕なし、継続的に
意味 ⇒ 連続して素早く動作を行うこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ