あいづちを打つ

【ことわざ・慣用句】あいづちを打つ(あいづちをうつ)の意味・例文

意味 相手の話に合わせてうなづいたり、「はい」「なるほど」等の短い言葉を返すこと。
例文 私の話を友人は あいづちを打ち 、真剣に聞いてくれていた。
類義語 話を合わせる、合いの手を入れる、うんうんとうなずく、調子を合わせる
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

あいづちを打つ とは:わかりやすい使い方の例

あいづちを打つとは:意味1
この数学の問題はこう考えて、こうやったら。。。という訳だケロ。
あいづちをうつ:例文1
へー、ケロ。
あいづちを打つとは:意味2
ちゃんと理解してるケロか?
あいづちをうつ:例文2
ふーん、ケロ。。グー。zzz。。。
あいづちを打つ:意味3
あいづちを打って 真剣に聞いてると思ったら寝てたケロかー!!

あいづちを打つ】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 話を合わせる、合いの手を入れる、うんうんとうなずく、調子を合わせる
意味 ⇒ 相手の話に合わせてうなづいたり、「はい」「なるほど」等の短い言葉を返すこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ