喧嘩するほど仲がいい

【ことわざ・慣用句】喧嘩するほど仲がいい(けんかするほとなかがいい)の意味・例文

意味 喧嘩をしても崩れないほどの関係性が出来ているということ。本音でぶつかれるくらいの仲良しと言う意味。
例文 喧嘩するほど仲がいい との言葉通り、両親は喧嘩をしてもいつのまにか仲良く会話をしている。
類義語 嫌い嫌いも好きのうち、じゃれあい
反対語 犬猿の仲
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


喧嘩するほど仲がいい:わかりやすい使い方

けんかするほとなかがいい:例文1
幼馴染のアイツとまた喧嘩したケロ!
喧嘩するほど仲がいい:意味2
またケロ?何回目ケロ…仲良くするケロよー。
けんかするほとなかがいい:例文2
今回は僕は悪くないケロー!今から家に行ってゲームの勝敗で喧嘩の決着をつけてくるケロ!
喧嘩するほど仲がいい:意味3
やれやれ、 喧嘩するほど仲がいい ケロね。

喧嘩するほど仲がいい】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 嫌い嫌いも好きのうち、じゃれあい
意味 ⇒ 喧嘩をしても崩れないほどの関係性が出来ているということ。本音でぶつかれるくらいの仲良しと言う意味。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ