懸念

【ことわざ・慣用句】懸念(けねん)の意味・例文

意味 気になって不安になること。
例文 雨天による試合の中止が 懸念 される。
類義語 危惧、不安、心配、恐れる、危ぶむ、憂慮、気掛かり、憂い
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


懸念:わかりやすい使い方

けねん:例文1
明日は野球の試合があるのに雨かもしれないケロ~。
懸念:意味2
今これだけ降ってたら明日も雨かもしれないケロね。試合の中止が 懸念 されるケロ
けねん:例文2
明日のためにたくさん練習してきたから残念ケロ。
懸念:意味3
また次の試合のために活かせばいいケロよ♪

懸念】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 危惧、不安、心配、恐れる、危ぶむ、憂慮、気掛かり、憂い
意味 ⇒ 気になって不安になること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ