犬の遠吠え

【ことわざ・慣用句】犬の遠吠え(いぬのとおぼえ)の意味・例文

意味 臆病な人が、陰でいばったり悪口を言ったりすることのたとえ。
例文 話し合いのときは何も言わなかったくせに、あとでこそこそと文句を言うなんて、 犬の遠吠え と同じだ。
類義語 負け犬の遠吠え、負け惜しみ、強がりを言う、去り際に吐き捨てる、陰口をたたく
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

犬の遠吠え:わかりやすい使い方

犬の遠吠え:意味1
ママはあんなことを言っていたけど、パパは違うと思うケロ。ママはわかっていないケロ!
いぬのとおぼえ:例文1
ちょっと待ってケロ!いくらパパでもママの陰口は許さないケロ!どうしてもというのならママに直接言うケロ!
犬の遠吠え:意味2
そ、それは無理ケロ。ママには逆らえないケロ。。。
いぬのとおぼえ:例文2
学校で習ったけどそういうのは「 犬の遠吠え 」って言うらしいケロ。パパにも弱点があったケロ。

犬の遠吠え】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 負け犬の遠吠え、負け惜しみ、強がりを言う、去り際に吐き捨てる、陰口をたたく
意味 ⇒ 臆病な人が、陰でいばったり悪口を言ったりすることのたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ