前進あるのみ

【ことわざ・慣用句】前進あるのみ(ぜんしんあるのみ)の意味・例文

意味 あれこれ考える前に、まずは動いてみることが大切ということ。
例文 何事も悩んだときは 前進あるのみ との教え通り、とりあえず行動してみることを僕のモットーにしている。
類義語 猪突猛進、脇目も振らず、退路を断つ、ネバーギブアップ、諦めが悪い
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

前進あるのみ:わかりやすい使い方

ぜんしんあるのみ:例文1
はぁ、好きな子と仲良くなりたいケロ…。
前進あるのみ:意味2
(お調子者のケロゆうが悩むなんて…。)まずは挨拶からケロ! 前進あるのみ ケロよ。
ぜんしんあるのみ:例文2
うん!なんか元気が出てきたケロ!早速明日、話してみるケロ~♪
前進あるのみ:意味3
いつものケロゆうの調子が戻ってきたケロ♪

前進あるのみ】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 猪突猛進、脇目も振らず、退路を断つ、ネバーギブアップ、諦めが悪い
意味 ⇒ あれこれ考える前に、まずは動いてみることが大切ということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ