人の噂も七十五日

【ことわざ・慣用句】人の噂も七十五日(ひとのうわさもしちじゅうごにち)の意味・例文

意味 人の噂は永遠に続くものではなく、いつかは忘れられてしまうということのたとえ。
例文 人の噂も七十五日 とは言え、やはり噂をされている間は気になって仕方がない。
類義語 関心が薄れる、沈静化する、下火になる、忘れられる、熱りがさめる
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


人の噂も七十五日:わかりやすい使い方

ひとのうわさもしちじゅうごにち:例文1
僕が先生のことを間違えてママと呼んでしまったことを皆に噂されているケロ~。
人の噂も七十五日:意味2
人の噂も七十五日 っていうからその内、忘れられるケロよ。
ひとのうわさもしちじゅうごにち:例文2
そうだけど…でも恥ずかしいケロ~!75日も耐えられないケロ。
人の噂も七十五日:意味3
75日というのは例えケロ~。早く忘れてくれるといいケロね。

人の噂も七十五日】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 関心が薄れる、沈静化する、下火になる、忘れられる、熱りがさめる
意味 ⇒ 人の噂は永遠に続くものではなく、いつかは忘れられてしまうということのたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ