明けない夜はない

【ことわざ・慣用句】明けない夜はない(あけないよるはない)の意味・例文

意味 必ず朝が来るように、人生はずっと悪いことばかりが続くわけではないという意味。
例文 今は苦労ばかりしているが、明けない夜はないと信じて頑張ろう!
類義語 日はまた昇る、止まない雨はない、春の来ない冬はない、待てば海路の日和あり
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


明けない夜はない:わかりやすい使い方

明けない夜はない:意味1
ケロゆう、具合はどうケロ?
あけないよるはない:例文1
まだ熱が下がらないケロ。
明けない夜はない:意味2
明けない夜はないケロ!今はしっかり休むケロよ。何か食べたいものはあるケロ?
あけないよるはない:例文2
アイスとおにぎりとパンも食べたいケロ。
明けない夜はない:意味3
それだけ食欲があれば風邪も早く治るケロね。

明けない夜はない】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 日はまた昇る、止まない雨はない、春の来ない冬はない、待てば海路の日和あり
意味 ⇒ 必ず朝が来るように、人生はずっと悪いことばかりが続くわけではないという意味。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ