のれんに腕押し

【ことわざ・慣用句】のれんに腕押し(のれんに腕押し)の意味・例文

意味 手ごたえや張り合いがないことのたとえ。のれん:暖簾(漢字)
例文 彼女を何度もデートに誘っているが、 のれんに腕押し でいつも曖昧な返事しかしてくれない。
類義語 馬の耳に念仏馬耳東風ぬかに釘猫に小判蛙の面に水、釈迦に説法、焼け石に水
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

のれんに腕押し:わかりやすい使い方

のれんに腕押し:例文1
部室はきれいに使えって何度も言っているのに後輩が聞いてくれないケロ。
のれんに腕押し:意味2
のれんに腕押し ケロか。でも、そういうケロゆうだってパパが何度言っても自分の部屋を片付けないケロ。
のれんに腕押し:例文2
なんのことケロ?ボクの部屋はああ見えて整理整頓されているケロよ?
のれんに腕押し:意味3
そうやってはぐらかすケロ。やっぱり のれんに腕押し ケロ。

のれんに腕押し】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 馬の耳に念仏馬耳東風ぬかに釘猫に小判蛙の面に水、釈迦に説法、焼け石に水
意味 ⇒ 手ごたえや張り合いがないことのたとえ。のれん:暖簾(漢字)

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ