お茶をにごす

【ことわざ・慣用句】お茶を濁す(おちゃをにごす)の意味・例文

意味 いいかげんなことを言ったりしたりしてその場をごまかす。
例文 質問の意味がわからなかったが、適当に答えて お茶を濁した
類義語 その場しのぎ、ごまかす、うやむやにする、あやふやにする、はぐらかす、煙に巻く、 曖昧にする、曖昧模糊(あいまいもこ)
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

お茶を濁す:わかりやすい使い方

おちゃをにごす:例文1
パパはダイエット中ケロね。体重はどうなったケロ?
お茶を濁す:意味2
ど、どうケロね?少しくらいは減ったと思うケロよ。
おちゃをにごす:例文2
お茶を濁す のはダメケロ。本当のことを言うケロ。
お茶を濁す:意味3
じつは少し増えていたケロ。。。
おちゃをにごす:例文3
ダイエットのことになるとパパは意気消沈 ケロね。

お茶を濁す】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ その場しのぎ、ごまかす、うやむやにする、あやふやにする、はぐらかす、煙に巻く、 曖昧にする、曖昧模糊(あいまいもこ)
意味 ⇒ いいかげんなことを言ったりしたりしてその場をごまかす。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ