鼻を明かす

【ことわざ・慣用句】鼻を明かす(はなをあかす)の意味・例文

意味 出し抜いて人をあっと言わせる。
例文 自分のほうが足が速いと自慢してくる友達の 鼻を明かすた めに、毎日走る練習をしている。
類義語 ぎゃふんと言わせる、ほえ面をかかせる、一泡吹かせる、冷や汗をかかせる、一杯食わせる、出し抜く
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

鼻を明かす:わかりやすい使い方

はなをあかす:例文1
今度のテスト、友達に勝負を挑まれたケロ!
鼻を明かす:意味2
それでテスト勉強をやる気になっているケロか。
はなをあかす:例文2
ケロゆうなんかに負けるわけがないって言われたケロ。悔しいからしっかり勉強してびっくりさせてやるケロ。
鼻を明かす:意味3
いい点を取って友達の 鼻を明かす つもりケロね。何はともあれ勉強するのなら応援するケロ♪

鼻を明かす】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ ぎゃふんと言わせる、ほえ面をかかせる、一泡吹かせる、冷や汗をかかせる、一杯食わせる、出し抜く
意味 ⇒ 出し抜いて人をあっと言わせる。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ