小耳に挟む

【ことわざ・慣用句】小耳に挟む(こみみにはさむ)の意味・例文

意味 聞くつもりはなかったが偶然ちらりと聞くこと。
例文 ちょっと 小耳に挟んだ んだけど、就職が決まったというのは本当かい?
類義語 耳にする、漏れ聞く、漏れ伝わる、聞きかじる
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

小耳に挟む:わかりやすい使い方

小耳に挟む:意味1
小耳に挟んだ んだけど、近所に新しいパン屋さんができるらしいケロね。
こみみにはさむ:例文1
チラシが入っていたケロ!楽しみケロ。
小耳に挟む:意味2
学校に行くまでの道だから、昼食にいいかもしれないケロね。
こみみにはさむ:例文2
想像したらお腹が空いてきたケロ♪


【小耳に挟む】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。
他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べるときはサイト内検索をご利用ください。
<ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ