親の心子知らず

【ことわざ・慣用句】親の心子知らず(おやのこころこしらず)の意味・例文

意味 親が子ども思う気持ちは通じにくく、子どもは勝手気ままなものだということ。
例文 親の心子知らず で、子どものころは親の気持ちなんてわからなかった。
類義語 子を持って知る親の恩、親の思うほど子は思わぬ、親は子を思えど子は親を思わず
反対語 子の心親知らず
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

親の心子知らず:わかりやすい使い方

おやのこころこしらず:例文1
パパはボクのことが嫌いケロ?
親の心子知らず:意味2
そんなことないケロ。どうしてそう思うケロ?
おやのこころこしらず:例文2
いつもボクが嫌いな勉強をしろってうるさいからケロ。嫌がらせしてるケロ!
親の心子知らず:意味3
親の心子知らず ケロね。パパはケロゆうのことを思って言っているケロよ。
おやのこころこしらず:例文3
ボクのことを思うならゲームを買ってほしいケロ♪
親の心子知らず:意味4
そういうところが 親の心子知らず ケロ。。。

親の心子知らず】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 子を持って知る親の恩、親の思うほど子は思わぬ、親は子を思えど子は親を思わず
意味 ⇒ 親が子ども思う気持ちは通じにくく、子どもは勝手気ままなものだということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ