目をかける

【ことわざ・慣用句】目をかける(めをかける)の意味・例文

意味 注目してひいきにする。また、よく見ることや目にとめること。
例文 先生は私のことに 目をかけて くれているのか、いつも親切だ。
類義語 温かく見守る、温かい目で見る、かわいがる、寵愛する、大事にする、気を配る、手塩にかける
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

目をかける:わかりやすい使い方

目をかける:意味1
ケロゆうが 目をかけて いたマンガ、最近になって大人気になったケロね。
めをかける:例文1
こうなると思ったケロ。ボクの目に狂いはなかったケロ。
目をかける:意味2
ヒットするマンガがわかるなんてすごいケロ。
めをかける:例文2
これなら将来はマンガの編集者になれるケロね♪

目をかける】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 温かく見守る、温かい目で見る、かわいがる、寵愛する、大事にする、気を配る、手塩にかける
意味 ⇒ 注目してひいきにする。また、よく見ることや目にとめること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ