論より証拠

【ことわざ・慣用句】論より証拠(ろんよりしょうこ)の意味・例文

意味 あれこれ議論するよりも、証拠を出すことで物事は明らかになるということ。
例文 口で説明しても信じてもらえなかったが、 論より証拠 で実際にやって見せたら信じてもらえた。
類義語 百聞は一見にしかず、実際見たほうが早い、結果が全て、見ると聞くでは大違い
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

論より証拠:わかりやすい使い方

論より証拠:意味1
今日の試合、ケロゆうのチームは負けてしまったケロね。
ろんよりしょうこ:例文1
これは何かの間違いケロ。これまでの成績から考えてボクたちのほうが強いはずケロ。
論より証拠:意味2
でも 論より証拠 ケロ。試合で勝ったのは相手なんだから、相手のほうが強かったケロ。
ろんよりしょうこ:例文2
ぐぬぬ。。。悔しいけど認めざるを得ないケロ。。。

論より証拠】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 百聞は一見にしかず、実際見たほうが早い、結果が全て、見ると聞くでは大違い
意味 ⇒ あれこれ議論するよりも、証拠を出すことで物事は明らかになるということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ