猫の額

【ことわざ・慣用句】猫の額(ねこのひたい)の意味・例文

意味 場所がとても狭いことのたとえ。
例文 彼の家の庭は 猫の額 ほどしかない。
類義語 狭いスペース、せせこましい、窮屈な空間、面積が狭い、範囲が小さい、うさぎ小屋のよう
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

猫の額:わかりやすい使い方

ねこのひたい:例文1
縦にすごく長い家があったケロ。
猫の額:意味2
猫の額 ほどの狭い土地に家を建てたから、縦長になったケロね。
ねこのひたい:例文2
中がどうなっているのか気になるケロ。
猫の額:意味3
住み心地はどうかわからないけど、見るぶんにはおもしろいケロ。

猫の額】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 狭いスペース、せせこましい、窮屈な空間、面積が狭い、範囲が小さい、うさぎ小屋のよう
意味 ⇒ 場所がとても狭いことのたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ