災いを転じて福となす

【ことわざ・慣用句】災いを転じて福となす(わざわいをてんじてふくとなす)の意味・例文

意味 災難や不幸をうまく利用して、幸せになるようにする。
例文 ケガで入院することになってしまったが、 災いを転じて福となす と言うし、この時間を利用して本をたくさん読んで勉強しようと思う。
類義語 災い転じて福となす、禍を転じて福と為す、雨降って地固まる怪我の功名、結果オーライ
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

災いを転じて福となす とは:わかりやすい使い方の例

わざわいをてんじてふくとなす:例文1
学校でカッターを使っていたら、指を切っちゃったケロ。
災いを転じて福となすとは:意味2
それは災難だったケロね。
わざわいをてんじてふくとなす:例文2
でも保険委員の女の子が手当してくれたケロ。おかげでその子と仲良くなれたケロ♪
災いを転じて福となす:意味3
災いを転じて福となす ケロね。たくましいケロ。

災いを転じて福となす】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 災い転じて福となす、禍を転じて福と為す、雨降って地固まる怪我の功名、結果オーライ
意味 ⇒ 災難や不幸をうまく利用して、幸せになるようにする。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ