余儀なくされる

【ことわざ・慣用句】余儀なくされる(よぎなくされる)の意味・例文

意味 必要に迫られて、やむを得ないこと。
例文 疲労で倒れた兄は、入院生活を 余儀なくされた
類義語 必要に迫られる、選択の余地がない、止むを得ない、せざるを得ない、避けられない、不可避
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


余儀なくされる:わかりやすい使い方

よぎなくされる:例文1
僕の好きなプロ野球チームの監督は昔、凄腕の選手だったって聞いたケロ。
余儀なくされる:意味2
そうそう、怪我で引退を 余儀なくされた けど、メジャーでも大活躍をした選手だったケロ。
よぎなくされる:例文2
へー、僕もそんな選手になりたいケロ!
余儀なくされる:意味3
千里の道も一歩から ケロ♪コツコツ頑張るケロよ。

余儀なくされる】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ 必要に迫られる、選択の余地がない、止むを得ない、せざるを得ない、避けられない、不可避
意味 ⇒ 必要に迫られて、やむを得ないこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ