千里の道も一歩から

【ことわざ・慣用句】千里の道も一歩から(せんりのみちもいっぽから)の意味・例文

意味 どんなに大きな仕事や計画も、手近なところから始めるのがいいということ。
例文 千里の道も一歩から と言うし、まずは今の自分にもできる基礎の練習から始めた。
類義語 はじめの一歩、身近なところから始める、少しずつ、地道に、コツコツと、一歩ずつ、あせらずに
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

千里の道も一歩から とは:わかりやすい使い方の例

せんりのみちもいっぽから:例文1
漢字博士を目指して今日から頑張るケロ!
千里の道も一歩からとは:意味2
いいケロね。 千里の道も一歩から と言うし、簡単な漢字からでいいから少しずつ覚えていって欲しいケロ。
せんりのみちもいっぽから:例文2
じゃあまずは「薔薇」という漢字を覚えるケロ。
千里の道も一歩から:意味3
って一歩目にしては難しすぎるケロ!
せんりのみちもいっぽから:例文3
でも書けたらかっこいいから覚えるケロ♪
千里の道も一歩から:意味4
うーん。。。まあ、やる気になるのならそれでいいケロ。

千里の道も一歩から】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ はじめの一歩、身近なところから始める、少しずつ、地道に、コツコツと、一歩ずつ、あせらずに
意味 ⇒ どんなに大きな仕事や計画も、手近なところから始めるのがいいということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ