桃栗三年柿八年

【ことわざ・慣用句】桃栗三年柿八年(ももくりさんねんかきはちねん)の意味・例文

意味 何事においても良い結果が出るまではそれ相応の時間が必要だということ。
例文 親方に早く認められたいが 桃栗三年柿八年 というし、焦らずやっていこう。
類義語 石の上にも三年待てば海路の日和あり雨垂れ石をも穿つ果報は寝て待て、継続は力なり
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

桃栗三年柿八年:わかりやすい使い方

ももくりさんねんかきはちねん:例文1
早く大きくならないかなケロ~。
桃栗三年柿八年:意味2
桃栗三年柿八年 というから、気長に待つしかないケロよ。
ももくりさんねんかきはちねん:例文2
あー、僕のキュウリちゃん。早く食べたいケロー。
桃栗三年柿八年:意味3
愛情込めて育てたらきっと美味しいキュウリが出来るケロよ♪

桃栗三年柿八年】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 石の上にも三年待てば海路の日和あり雨垂れ石をも穿つ果報は寝て待て、継続は力なり
意味 ⇒ 何事においても良い結果が出るまではそれ相応の時間が必要だということ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ