飛んで火に入る夏の虫

【ことわざ・慣用句】飛んで火に入る夏の虫(とんでひにいるなつのむし)の意味・例文

意味 自分から進んで危険の中に飛び込むことのたとえ。
例文 罠かもしれないのに行くだなんて、 飛んで火に入る夏の虫 だ。
類義語 まんまと罠にかかる、カモがネギをしょって来る、危険を冒す、危険な橋を渡る、自滅する
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

飛んで火に入る夏の虫:わかりやすい使い方

とんでひにいるなつのむし:例文1
今日は天気が荒れているケロね。
飛んで火に入る夏の虫:意味2
台風のせいケロ。近くの川も増水ですごい景色になっているらしいケロ。
とんでひにいるなつのむし:例文2
それはちょっと見てみたい気もするケロ。
飛んで火に入る夏の虫:意味3
こんな日に川に近づくなんて 飛んで火に入る夏の虫 ケロ。危ないから絶対にやめるケロよ。

飛んで火に入る夏の虫】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ まんまと罠にかかる、カモがネギをしょって来る、危険を冒す、危険な橋を渡る、自滅する
意味 ⇒ 自分から進んで危険の中に飛び込むことのたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ