能ある鷹は爪を隠す

【ことわざ・慣用句】能ある鷹は爪を隠す(のうあるたかはつめをかくす)の意味・例文

意味 実力のある人は普段はそれを隠していて、見せびらかしたりしないというたとえ。
例文 能ある鷹は爪を隠す というが、彼にお菓子作りの才能があるとは知らなかった。
類義語 言わぬが花、でしゃばらない、密かに、鼻にかけない、密かに、控えめな
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

能ある鷹は爪を隠す とは:わかりやすい使い方の例

のうあるたかはつめをかくす:例文1
美術部の友達がマラソン大会で1位になったケロ!
能ある鷹は爪を隠すとは:意味2
運動部じゃないのにすごいケロね。
のうあるたかはつめをかくす:例文2
じつは走るのが得意だったらしいケロ。全然知らなかったケロ。
能ある鷹は爪を隠す:意味3
能ある鷹は爪を隠す ケロね。かっこいいケロ。

能ある鷹は爪を隠す】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 言わぬが花、でしゃばらない、密かに、鼻にかけない、密かに、控えめな
意味 ⇒ 実力のある人は普段はそれを隠していて、見せびらかしたりしないというたとえ。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ