まな板の鯉

【ことわざ・慣用句】まな板の鯉(まないたのこい)の意味・例文

意味 自分の力ではどうすることもできず、相手や状況にゆだねるしかないことの例え。
例文 この手術が成功するかどうかは先生の腕にかかっている。僕は まな板の鯉 だ。
類義語 まな板の上の鯉、俎上の鯉、腹をくくる、覚悟を決める、煮るなり焼くなり
反対語 悪あがきする、座して死を待つよりは戦って死すべし、往生際が悪い
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。

YouTube動画で「まな板の鯉」を見る

ことわざ【まな板の鯉】をYouTube動画で何回も見ると意味や例文を忘れにくくなりますよ♪
※どんどんYouTubeに、ことわざ動画を追加していきますので チャンネル登録 よろしくお願いします。
ケロケロ辞典YouTube

※注:音声はAI(ロボット)のため発音(イントネーション)がおかしい所があります。それも含めて楽しんでことわざ「まな板の鯉」を覚えて下さいね♪

まな板の鯉 とは:わかりやすい使い方の例

まないたのこい:例文1
今日国語の授業で出てきたけど、どうして まな板の鯉 っていうケロか?
まな板の鯉とは:意味2
鯉はまな板の上だと調理されるしかないケロ。そこから、自分ではどうしようもない状況のことを表すことわざになったケロ。
まないたのこい:例文2
なるほどケロ~。明日、国語のテストがあるケロ。僕は まな板の鯉 だケロ~。
まな板の鯉:意味3
そこは鯉になっちゃだめケロ!ちゃんと勉強するケロー!!

まな板の鯉】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。


まな板の鯉の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に覚えよう。
類語 ⇒ まな板の上の鯉、俎上の鯉、腹をくくる、覚悟を決める、煮るなり焼くなり
意味 ⇒ 自分の力ではどうすることもできず、相手や状況にゆだねるしかないことの例え。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 悪あがきする、座して死を待つよりは戦って死すべし、往生際が悪い

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ