顔が広い

【ことわざ・慣用句】顔が広い(かおがひろい)の意味・例文

意味 いろいろな方面に知り合いがいること。
例文 顔が広い 友達のおかげで絵を描いてくれる人が見つかった。
類義語 人脈がある、知り合いが多い、社交的な、 交友関係が幅広い、顔が利く、顔が売れる
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

顔が広い とは:わかりやすい使い方の例

かおがひろい:例文1
ボクは小さい子からおじいさんまで、いろんな友達がいるケロ♪
顔が広いとは:意味2
学校以外にも友達がたくさんいて、ケロゆうは 顔が広い ケロね。
かおがひろい:例文2
一期一会 を大切にしていたらこうなったケロ♪
顔が広い:意味3
いい心がけケロ。その姿勢は見習いたいケロ。

顔が広い】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 人脈がある、知り合いが多い、社交的な、 交友関係が幅広い、顔が利く、顔が売れる
意味 ⇒ いろいろな方面に知り合いがいること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ