千鳥足

【ことわざ・慣用句】千鳥足(ちどりあし)の意味・例文

意味 左右の足の踏みどころを違えてふらふら歩くこと。
例文 泥酔した父は顔を真っ赤にして 千鳥足 で家に帰ってきた。
類義語 足元がおぼつかない、ふらふらしている、よろめく、足がもつれる、まともに歩けない、酔歩
反対語 しっかりとした足取り、確かな歩み
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて学習効率がいいですよ。

千鳥足:わかりやすい使い方

ちどりあし:例文1
昨日、お隣のおじさんが夜中に 千鳥足 で帰ってくるのが窓の外に見えたケロ。
千鳥足とは:意味2
忘年会で飲んで帰ってきたらしいケロ。
ちどりあし:例文2
どうりで…怒るおばちゃんの声が聞こえていたケロ。
千鳥足とは:意味3
何事もほどほどが大事ケロね…。

千鳥足】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


千鳥足の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 足元がおぼつかない、ふらふらしている、よろめく、足がもつれる、まともに歩けない、酔歩
意味 ⇒ 左右の足の踏みどころを違えてふらふら歩くこと。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ しっかりとした足取り、確かな歩み

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ