栄枯盛衰(えいこせいすい)

【四字熟語】栄枯盛衰(えいこせいすい)の意味・例文

意味 勢いが盛んになったり衰えたりすること。
例文 そのマンガは大人気だったが今では誰にも読まれていない。 栄枯盛衰 とはよく言ったものだ。
類義語 盛者必衰(じょうしゃひっすい)、国破れて山河在り、浮き沈み、栄光と挫折、諸行無常、おごれる者は久しからず
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

栄枯盛衰 とは:わかりやすい使い方の例

えいこせいすい:例文1
今度対戦するサッカーチーム、去年までは強かったけど今年は弱いらしいケロ。
栄枯盛衰とは:意味2
栄枯盛衰 ケロね。いつまでも強いままというのは難しいケロ。
えいこせいすい:例文2
でも、おかげでボクたちでも勝てるケロ♪
栄枯盛衰:意味3
油断大敵 ケロ。気を抜かずに頑張るケロ!

栄枯盛衰】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 盛者必衰、国破れて山河在り、浮き沈み、栄光と挫折、諸行無常、おごれる者は久しからず
意味 ⇒ 勢いが盛んになったり衰えたりすること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ