一心同体(いっしんどうたい)

【四字熟語】一心同体(いっしんどうたい)の意味・例文

意味 二人以上の人が、一つの心・同じ体であるような強い結びつきを持っていること。
例文 テニスのダブルスの優勝ペアはまさに 一心同体 のプレーで相手に勝利した。
類義語 一蓮托生 (いちれんたくしょう)、三位一体、二つで一つ、一体化する、死なば諸共
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

一心同体:わかりやすい使い方

いっしんどうたい:例文1
パパ勉強教えてケロ。
一心同体:意味2
おおケロゆう。自分から教えてって言うとは偉いケロ♪パパとケロゆうは 一心同体 だから、一緒に頑張るケロ♪
いっしんどうたい:例文2
<30分後>
パパとボクは 一心同体 だから、ゲーム一緒にやるケロ♪
一心同体:意味3
そうするケロ~♪
一心同体:意味4
ん?。。。ケロ

一心同体】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 一蓮托生 (いちれんたくしょう)、三位一体、二つで一つ、一体化する、死なば諸共
意味 ⇒ 二人以上の人が、一つの心・同じ体であるような強い結びつきを持っていること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ