時雨之化

【四字熟語】時雨之化(じうのか)の意味・例文

意味 徳の備わった人や聖人の教えが人々に広がっていくこと。
例文 あの時の先生の指導はまさに 時雨之化 で、お陰で僕たちは感謝を忘れない大人へと成長できた。
類義語 垂拱之化、垂拱之治、草偃風従、感化される
反対語 反面教師、悪い見本
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。

時雨之化:わかりやすい使い方

じうのか:例文1
小学校の頃の先生には今でも感謝が尽きないケロ。
時雨之化とは:意味2
今でも年賀状のやり取りが続いているケロね。
じうのか:例文2
先生の教えのお陰で僕は今でも友達を大切にできているケロ♪
時雨之化とは:意味3
先生のお陰で 時雨之化 を得て成長して…。パパは猛烈に感動しているケロ…。

時雨之化】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


時雨之化の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 垂拱之化、垂拱之治、草偃風従、感化される
意味 ⇒ 徳の備わった人や聖人の教えが人々に広がっていくこと。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 反面教師、悪い見本

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ