臨機応変(りんきおうへん)

【四字熟語】臨機応変(りんきおうへん)の意味・例文

意味 その時の状況によって行動を変えること。
例文 彼はどんな状況でも慌てず、 臨機応変 に行動できる人だ。
類義語 機転が利く、頭の回転が速い、頭が切れる、当意即妙(とういそくみょう)、うまく立ち回る
反対語 杓子定規(しゃくしじょうぎ):決まった考え方でしか物事をみようとしないこと。
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

臨機応変:わかりやすい使い方

りんきおうへん:例文1
今日は外で遊ぶ予定だったけど、雨だから友達の家で遊ぶことにしたケロ。
臨機応変:意味2
臨機応変 な対応ケロね。
りんきおうへん:例文2
でもボクは宿題が終わっていないから、遊びに行かないで家で勉強することにしたケロ。。。
臨機応変:意味3
それはなんというか、自業自得 ケロ。

臨機応変】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 機転が利く、頭の回転が速い、頭が切れる、当意即妙(とういそくみょう)、うまく立ち回る
意味 ⇒ その時の状況によって行動を変えること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ