竜頭蛇尾(りゅうとうだび)

【四字熟語】竜頭蛇尾(りゅうとうだび)の意味・例文

意味 最初は勢いがよいが、終わりのほうになると衰えてしまうこと。
例文 頑張ろうと意気込んで勉強を始めたが、結局だらけてしまい 竜頭蛇尾 に終わった。
類義語 頭でっかち尻つぼみ、羊頭狗肉(ようとうくにく)、勢いが弱まる、伸び悩む、息切れする
反対語 徹頭徹尾(てっとうてつび):最初から最後まで言動や態度などが変わらないこと。
終始一貫 (しゅうしいっかん):始めから終わりまでずっと。
レベル ★★★☆☆ 小学生:上級 (中学生:中級、高校生:初級)

竜頭蛇尾:わかりやすい使い方

りゅうとうだび:例文1
今日の持久走、最初だけ1位だったケロ。
竜頭蛇尾:意味2
最初だけケロ?そのあとはどうなったケロ?
りゅうとうだび:例文2
体力が尽きてどんどん抜かれちゃったケロ。最後はヘロヘロだったケロ。
竜頭蛇尾:意味3
まさに 竜頭蛇尾 ケロね。もっと体力をつけるケロ。
りゅうとうだび:例文3
いや、目立ちたいからって最初に全力ダッシュしたのが間違いだったケロ。
竜頭蛇尾:意味4
体力の問題じゃなくて、目立ちたがり屋なのが問題だケロ!

竜頭蛇尾】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 頭でっかち尻つぼみ、羊頭狗肉(ようとうくにく)、勢いが弱まる、伸び悩む、息切れする
意味 ⇒ 最初は勢いがよいが、終わりのほうになると衰えてしまうこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ