僭越ながら

【ことわざ・慣用句】僭越ながら(せんえつながら)の意味・例文

意味 失礼ではありますがという意味の、自分より目上の人に対して使う言葉。
例文 僭越ながら お話をお聞かせいただいても宜しいでしょうか。
類義語 恐れ入りますが、失礼ですが、お言葉ですが、失礼を承知の上で申し上げますが
反対語 遠慮深い(目上の人に遠慮して意見を言わない)、けなげ、引っ込み思案、控えめ
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。


僭越ながら:わかりやすい使い方

せんえつながら:例文1
パパ、 僭越ながら お時間を少し頂いても宜しいでしょうか
僭越ながらとは:意味2
ケロゆう、今日はどうしてそんなに丁寧ケロか?
せんえつながら:例文2
実は…今月のお小遣いを少し多めにもらいたいケロ。欲しいものがあるケロ…。
僭越ながらとは:意味3
そういうことだと思ったケロ~。勉強頑張ったら増やしてあげるケロよ。

僭越ながら】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


僭越ながらの類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 恐れ入りますが、失礼ですが、お言葉ですが、失礼を承知の上で申し上げますが
意味 ⇒ 失礼ではありますがという意味の、自分より目上の人に対して使う言葉。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ 遠慮深い(目上の人に遠慮して意見を言わない)、けなげ、引っ込み思案、控えめ

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ