疑心暗鬼(ぎしんあんき)

【四字熟語】疑心暗鬼(ぎしんあんき)の意味・例文

意味 疑いの気持ちが強く、あらゆることを疑ってしまうこと
例文 信頼していた友達に裏切られて、人に対して 疑心暗鬼 になってしまった。
類義語 疑念を持つ、不信感、疑いの心、警戒心、不審に思う、信頼できない、信じられない
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

疑心暗鬼 とは:わかりやすい使い方の例

疑心暗鬼とは:意味1
机に向かってめちゃめちゃ集中してるから、多分ゲームケロ。。
ぎしんあんき:例文1
徳川3代将軍は。。徳川家光。。ブツブツ
疑心暗鬼とは:意味2
おお!ケロゆう歴史の勉強してるケロ。いつもゲームばっかりだから 疑心暗鬼 になってたケロ。疑って悪かったケロ。
ぎしんあんき:例文2
ウミガメは産卵のとき、なぜ泣くのか?何だろう。。ブツブツ
疑心暗鬼:意味3
クイズゲームかいケロ!

疑心暗鬼】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 疑念を持つ、不信感、疑いの心、警戒心、不審に思う、信頼できない、信じられない
意味 ⇒ 疑いの気持ちが強く、あらゆることを疑ってしまうこと

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ