広大無辺(こうだいむへん)

【四字熟語】広大無辺(こうだいむへん)の意味・例文

意味 とてつもなく広くて大きいこと。
例文 (公園の砂場と比べると)砂漠は 広大無辺 な砂場と言えるだろう。
類義語 果てしなく広い、無限大、無尽蔵、計り知れない、雄大な、見渡す限り、どこまでも続く
レベル ★☆☆☆☆ 小学生:初級 (中学生:必須、高校生:必須)

広大無辺:わかりやすい使い方

こうだいむへん:例文1
新しくできた公園に行ってきたケロ。サッカーしたケロ。
広大無辺:意味2
あの公園は大きいケロ。
こうだいむへん:例文2
サッカー場だけでも5面ぐらいあったケロ。そのほかに野球場とかテニスコートもあったケロ。
広大無辺:意味3
まさに 広大無辺 な公園ケロ。

広大無辺】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 果てしなく広い、無限大、無尽蔵、計り知れない、雄大な、見渡す限り、どこまでも続く
意味 ⇒ とてつもなく広くて大きいこと。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ