三々五々(さんさんごご)

【四字熟語】三々五々(さんさんごご)の意味・例文

意味 数人ずつの人が、来たり帰ったりすること。
例文 入学式の30分前になると、 三々五々 人が集まってきた。
類義語 三三五五、流れ解散で、さみだれ式に、潮が引くように、ばらばら、途切れ途切れ
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

三々五々 とは:わかりやすい使い方の例

さんさんごご:例文1
今日はクラスのみんなと運動会の打ち上げでカラオケ行ったケロ。
三々五々とは:意味2
それは楽しそうケロね。何人ぐらい来たケロ。
さんさんごご:例文2
最初30人ぐらいいたけど、途中から帰る人も増えてきて最後は5人になったケロ。
三々五々:意味3
みんな遅くなるから 三々五々 帰っていったケロね。
さんさんごご:例文3
ボクは最後の5人に残ったケロ。遊びの天才ケロ。
三々五々:意味4
それは認めるケロ。

三々五々】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方の例でした。

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味で使われますので同時に覚えておきましょう。
類語 ⇒ 三三五五、流れ解散で、さみだれ式に、潮が引くように、ばらばら、途切れ途切れ
意味 ⇒ 数人ずつの人が、来たり帰ったりすること。

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚で四字熟語を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ 四字熟語 クイズ