後生大事

【ことわざ・慣用句】後生大事(ごしょうだいじ)の意味・例文

意味 物事や物を大切にすること。心を込めて物事に励むこと。
例文 私が 後生大事 にしているのは母から教えてもらった「諦めなければ道は開ける」という教えだ。
類義語 丁寧に扱う、大切にする、虎の子、掌中の珠、かけ替えのないもの
反対語 ぞんざいに扱う、適当な、粗末、無造作
レベル ★★☆☆☆ 小学生:中級 (中学生:初級、高校生:必須)

類義語や反対語でリンクがある場合は、リンクからその語彙の意味や例文を確認すると、セットで覚えることができて効率がいいですよ。

後生大事:わかりやすい使い方

ごしょうだいじ:例文1
パパの宝物は何ケロ?
後生大事とは:意味2
パパの宝物は家族と、おじいちゃんが昔から言っていた『何事も一生懸命に』という言葉ケロ。
ごしょうだいじ:例文2
パパはおじいちゃんの言葉を 後生大事 にしているケロね。
後生大事とは:意味3
だからパパは 一生懸命 をモットーにしているケロ。

後生大事】の意味と例文と小学生にもわかりやすい使い方でした。


後生大事の類義語と反対語

類義語や同義語:同じ意味や似たような意味での使い方が多いので、語彙力UPのため同時に学習しよう。
類語 ⇒ 丁寧に扱う、大切にする、虎の子、掌中の珠、かけ替えのないもの
意味 ⇒ 物事や物を大切にすること。心を込めて物事に励むこと。

反対語や対義語:反対の意味の用語も覚えると、語彙力が高まり、国語の読解問題にも強くなりますよ。
反語 ⇒ ぞんざいに扱う、適当な、粗末、無造作

他の四字熟語・ことわざ・慣用句も調べて学習するときは サイト内検索 をご利用ください。

ゲーム感覚でことわざ・慣用句を覚える:クイズ> ⇒ ケロケロ ことわざ・慣用句 クイズ